vol.87

雲海と紅葉を望む秋の立山黒部アルペンルート

観光シーズンは11月いっぱい
年内見納めの大パノラマと
ひと足早い初冬の気配に
心も身体もリフレッシュ


身体いっぱいに新鮮な空気と水を取り入れる

おとな旅 上高地・安曇野 黒部・松本

信州の大町市と富山県立山を繋ぐ黒部立山アルペンルート。総距離37.2kmに渡って標高3000mクラスの山々が連なる険しい山岳コースながら、バスやロープウェイ、ケーブルカーといった交通機関が全域をつないでおり、これらを乗り継げば登山経験者でなくとも気軽に雄大な絶景が堪能できるありがたいルートだ。
不要不急の外出を避けよと言われ続けて行動範囲も気分も縮みがちだった一年。山々の峰が連なる大パノラマや巨大なダム、広大な湿原の中に身を置いて、ひんやりと新鮮な空気を身体いっぱいに吸い込むと、胸の辺りがスッとする。ルート上に点在する湧水スポットの飲料水も都会の水道水とは異なる次元で清涼。大自然に磨かれた水と空気の美味さが心身をリフレッシュしてくれる。


雲海、紅葉、雪景色とバラエティに富んだ絶景

おとな旅 上高地・安曇野 黒部・松本

山岳エリアなので秋から冬にかけて季節の進みは足早だが、標高475mの位置にある立山ケーブルカーの立山駅から、最高地点にある大汝山、標高3015mまで高低差が大きく、9月半ばから11月初旬にかけて約2カ月ものあいだ、ルート上のどこかで紅葉が見頃を迎える。また、立山黒部は雲海の名所でもあり、10月、11月も雲海発生率は高い。運が良ければ雲海と紅葉、さらには雪景色とのコラボレーションが楽しめる。各交通機関や展望台、レストランやショップといった施設の営業が終了する11月30日までが、高山黒部の短い秋を楽しむ絶好の季節。除雪した雪の壁が20mにも迫る高さで続く「雪の大谷」が開通する4月中旬まで、観光シーズンはしばしお休みとなる。

えん堤の高さ日本一を誇る巨大ダム、「くろよん」

■黒部ダム

おとな旅 上高地・安曇野 黒部・松本

アーチ式のえん堤の高さは1455mと日本一。2億?もの水を貯えることのできるこの巨大ダムは、高度経済成長期に大幅に需要が逼迫した電力をまかなうため昭和38(1963)年6月に完成した。7年の歳月と、171名もの犠牲者を含む延べ1000万人の人々を動員した建設は世紀の大工事と呼ばれ、小説『黒部の太陽』に描かれ、さらには三船敏郎、石原裕次郎という2人の大スター共演による映画化もなされた。ダムの周囲にはさまざまな高さや角度からダムと自然の風景が眺められる展望台やテラスのほか、工事の歴史や様子が学べる新展望広場特設会場、殉職者慰霊碑などがある。また、ダム展望台に近い黒部ダムレストハウスでは、建設時の飯場でも作業員たちのお腹を満たしたと伝わるカレーが名物。アーチ型のライスがルーを堰き止めるように盛り付けられ、遊覧船を表すヒレカツ、放水を模したポテトサラダが添えられた人気メニューだ。


 URL :www.kurobe-dam.com
 住所 :富山県中新川郡立山町
 観光期間 :4/15~11/30
 料金 :見学無料
 アクセス :扇沢駅から関電トンネル電気バスで16分
立山駅から立山ケーブルカー、立山高原バス、立山トンネルトロリーバス、立山ロープウェイ、黒部ケーブルカーを乗り継いで黒部湖駅まで約3時間。黒部湖駅からすぐ。
(『おとな旅プレミアム 上高地・安曇野 黒部・松本 ’21-’22年版』 P. 126)


雲海の名所は紅葉も見事。湿原のトレッキングもおすすめ

■弥陀ヶ原

おとな旅 上高地・安曇野 黒部・松本

雲海で知られる弥陀ヶ原。ここの湿原には1周1時間ほどで散策できる木道が設えられ、この時期、見渡す限り草紅葉が茂っている。また、落差350mと日本一を誇る称名滝、湿原に浮かぶガキ田など水の景色も素敵。さらに、ここから美女平(びじょだいら)にかけての立山高原バスは車窓に広がる紅葉が美しく、赤や黄色に染まった広葉樹と緑を保つ針葉樹、その先には山々が折り重なって、カーブをひとつ曲がるたび、次々と異なる絵が現れるような感動を覚える。


 アクセス :扇沢駅から関電トンネル電気バス、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバス、立山高原バスを乗り継いで約1時間30分
立山駅から立山ケーブルカー、立山高原バスを乗り継いで約30分
(『おとな旅プレミアム 上高地・安曇野 黒部・松本 ’21-’22年版』 P.134)


北アルプス旅行の基点には大町温泉郷がおすすめ

■緑翠亭景水

おとな旅 上高地・安曇野 黒部・松本

立山黒部アルペンルートの長野県側玄関口、信濃大町駅から車で15分ほどの場所に位置する大町温泉郷は、アルペンルート観光への英気を養うにも、帰路、散策の疲れを癒やすにも最適。高瀬渓谷の葛温泉を源泉にした肌あたりの柔らかな温泉と、水道水にまで北アルプスの湧水を引いたおいしい水、部屋から眺める山々や満天の星といった豊かな自然に癒やされる。館内には庭園大浴場をはじめ、露天、貸切の半露天風呂、足湯と多彩な温泉施設を用意。信州プレミアム牛肉や信州福美鶏をはじめ、野菜やきのこ、川魚など地元で採れる豊かな食材を使った食事も好評を博す。


おとな旅 上高地・安曇野 黒部・松本

 電話番号 :0261-22-5501
 住所 :大町市平2884-13
 アクセス :JR信濃大町駅から車で15分
 駐車場 :あり
 IN :15:00
 OUT :10:00
 客室数 :68室
 料金 :1泊2食付1万6500円~
(『おとな旅プレミアム 上高地・安曇野 黒部・松本 ’21-’22年版』 P.138)


*施設や店舗の営業などは事前にご確認ください。


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加