vol.86

丸ごと色づく奈良の山々神仏への信仰によって造り、守られた古都の秋景色

無数の参詣者が寄進した千本桜
春日大社の禁域として守られた三笠山
人々の信仰と神仏への祈りが結実した
奈良の山々の紅葉が圧巻


まるで秋色の絨毯。錦秋に染まる吉野の山

おとな旅 奈良・大和路

奈良といえば桜、それも見渡す限りの山々に咲き誇る千本桜の印象が強い。が、吉野の桜は秋もまた見事。イチョウやモミジのように、緑から一気に強い赤や黄に変化する紅葉とは違い、花と同様、ほかの落葉樹と比べて色づきが少し淡めで、見ごろを迎えてからたった半月ほどの短さで葉が落ちる。吉野の場合、標高差があるため山頂から麓に向かって徐々に色づきと落葉が移ろう様子、千本桜と称されているが、その実数3万本という見渡す限りの桜が一面の山を染め上げる点も春の桜同様。儚さと力強さが共存する秋の景色に圧倒される。


古都ならでは。数々の名歌が描く聖地の紅葉

おとな旅 奈良・大和路

もうひとつ。奈良の秋の景色で見逃せないのが三笠山、若草山周辺。この2つの山は、混同されることも多いが隣接する別々の山。古い時代、若草山を三笠山と呼んだこともあって取り違えられがちだが、三笠山は春日大社の境内であるため、禁足地に指定されて木々の伐採が許されず、故に豊かな原生林が茂る。一方、三笠山の北にあり、奈良公園の一部でもある若草山は芝に覆われ、視界を遮る樹木が少ないので山頂からの眺望が素晴らしい。奈良の盆地に広がる市街地はもちろん、晴れた日には大和三山、吉野の山々までもが一望できる。
どちらも秋色に染まったさまが美しく、春日山や三笠山の名で数々の歌に詠まれてきた。大友家持の詠んだ「大君の御笠の山の黄葉は今日のしぐれに散りか過ぎなむ」「雨籠り情いぶせみ出で見れば春日の山は色づきにけり」、万葉集にある大原今城の「秋されば春日の山の黄葉見る奈良の都の荒る楽推しも」、続後撰集の源家長・作「初時雨ふりさけみればあかねさす三笠の山は紅葉しにけり」とこの地の紅葉を詠んだ名歌が多く残されている。
無論、談山神社、室生寺、正暦寺を始めとする数多の寺社の紅葉も圧巻。それぞれに趣の異なる秋の景色が楽しめる。

春日大社境内の茶屋でいただく季節のお粥

■春日荷茶屋(かすがにないぢゃや)

おとな旅 奈良・大和路

江戸時代末期、天秤棒に茶箱と茶釜を掛けて餅菓子を供したという荷茶屋がルーツの名物茶屋で、いまも大社の境内、萬葉植物園入口近くに建つ。夏はかき氷や冷たいグリーンティ、冬は甘酒、ぜんざいといった甘味も人気を博すが、吉野の本葛を使ったくず餅や、柿ジャム、干し柿がふんだんに入った柿けーき等、奈良らしいスイーツがおすすめ。また、10月には栗とさつまいも、11月にはきのこなど、月替りで旬の食材を使った昆布だし、白味噌仕立てのお粥や、柿の葉寿司といった土地の名物料理も味わえる。


おとな旅 奈良・大和路

 電話番号 :0742-27-2718
 住所 :奈良市春日野町160
 営業時間 :10:00~16:00
 休業日 :不定休(要問い合わせ)
 アクセス :奈良交通バス・春日大社表参道下車、徒歩5分
 駐車場 :あり(100台・有料)
(『おとな旅プレミアム 奈良 大和路 ’21-’22年版』 P.109)


野菜にお肉に清流の魚。土地の食材を存分に味わう贅沢

■旬彩 ひより

おとな旅 奈良・大和路

「ホテル川久」、「奈良萬京」と名店で研鑽を積んできた尾崎敦士氏が開いた和食店。食材は、田原本にあるひより専属農園で収穫した大和野菜を中心に、鈴鹿山脈の清流で育った川魚や、大和牛といった近隣産を使用する。鮮度抜群の蒸し野菜を中心に岩魚や大和肉鶏、ヤマトポーク、大和牛などを組み合わせた野菜会席(ランチは前日までに要予約)、冬季限定のひより寄せ鍋と、季節の野菜がたっぷり味わえる。


おとな旅 奈良・大和路

 電話番号 :0742-24-1470
 住所 :奈良市中新屋町26
 開業時間 :11:30~14:00(LO) 17:00~21:00(LO)
 休業日 :火曜
 アクセス :近鉄奈良駅から徒歩13分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 奈良 大和路 ’21-’22年版』 P.110)


吉野葛の本場、奈良で味わう希少な吉野本葛

■天極堂 奈良本店

おとな旅 奈良・大和路

秋の七草に数えられる葛は吉野が本場。万葉集にも葛を詠んだ歌が残るほど古くからの自生地で、冬の厳しい寒さのなか、何度も冷水の中で攪拌を繰り返す吉野晒しという伝統の方法で精製した葛は真っ白で粒子が細かく、1kgの葛根から100gしかとれない希少品だ。天極堂は明治3年(1870)創業の老舗で、店内では葛もちや胡麻豆腐、葛湯を始めとする葛を使ったおみやげや和洋菓子を販売する。また、葛料理の創作コース、Kudzuづくしコースや、葛うどんといった料理も供しており、なかでも手作り、作りたての葛切りは店内でしか味わえない絶品。


おとな旅 奈良・大和路

 電話番号 :0742-27-5011
 住所 :奈良市押上町1-6
 開業時間 :10:00~19:30(飲食のLO19:00)
 休業日 :火曜(祝日の場合は翌日)
 アクセス :近鉄奈良駅から徒歩10分
 駐車場 :あり(9台)
(『おとな旅プレミアム 奈良 大和路 ’21-’22年版』 P.121)


*施設や店舗の営業などは事前にご確認ください。


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加