vol.82

万葉集、日本書紀にも登場国内屈指の歴史を誇る由緒正しい南国リゾート、南紀白浜

海もパンダも温泉も
古い歴史を誇る白浜で
日本ならではの
サマーホリデーを満喫


飛鳥、奈良時代から天皇や貴族が訪れた行楽地

おとな旅 南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮

奈良に隣接し、道後や有馬と並び日本三古湯に数えられる南紀白浜。保養地としての歴史は古く、万葉集や日本書紀にも「紀の湯」、「牟婁(むろ)の湯」の名で登場する。歌の名手としても知られる悲劇の皇子、有間皇子もこの地を大変気に入り、伯母である斉明天皇に白浜への行幸を勧めたとの逸話が残るほど。実際に斉明天皇や持統天皇、文武天皇、さらには大化改新でも知られる中大兄皇子(後の天智天皇)や有間皇子、額田王がこの地を訪れ、歌を残している。
本州最南端にあり、沖を流れる黒潮の影響で温暖な気候が楽しめる南紀は近現代においても人気のリゾート地。塩化物泉、硫黄泉、炭酸水素塩泉、単純温泉と多彩な源泉の揃った温泉に加え、熱帯魚やイルカ、クジラの泳ぐ美しい海と変化に富んだ海岸の風景、さらにはパンダの飼育数日本一を誇るテーマパークなどもあり、年々、注目度と人気が増している。海も山も豊かなため食材も豊富。マグロや梅、ミカンなどが有名だが、ことに夏から秋にかけては鮎に鱧、アワビ、ウニ、ワタリ蟹と豪華な美食が楽しめる。


さまざまに異なる海岸の美しさを楽しむ

おとな旅 南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮

みなべから白浜、すさみ、そして本州最南端の串本を経て捕鯨の町としても知られる太地へと至る海岸線は変化に富んだ表情が美しく、面白い。白浜の名の由来にもなった白良浜の砂浜は石英でできており、その名の通り真っ白に輝く。今年は感染対策のため7月1日に行われた海開きだが、例年は5月3日と本州で最も早くから開放されるのは南国ならでは。ハワイのワイキキビーチと姉妹関係を締結するほど似ているが、車で5分ほどの距離にある千畳敷は、波に侵食された砂岩の岩畳が広がる景勝地。また、すさみにはリアス式海岸の枯木灘や亜熱帯植物の密林に覆われた江須崎島があり、串本には、約850mもの距離を奇岩が連なる国の天然記念物、橋杭岩が広がるなど、海岸線をドライブすれば、ガラリと表情の異なる風景が次々と現れてくる。海の見えるカフェなども点在しており、南国リゾートならではの時間が楽しめる。


7頭ものジャイアントパンダが暮らすテーマパーク

■アドベンチャーワールド

おとな旅 南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮

現在、上野では双子の赤ちゃんパンダが人気を集めているが、このアドベンチャーワールドでは2000年生まれの良浜(らうひん)を筆頭に、以降、昨年生まれた楓浜(ふうひん)まで17頭ものパンダが誕生し、スクスクと成長。全員、白浜の地名から浜の字をとった名前が付けられている。中国の成都などで飼育されているパンダも多いが、現在も中国生まれの永明を含めた7頭がここで暮らしている。また、パンダのほかにも、ライオンやアミメキリン、アムールトラ、チーター、アフリカゾウなどが自然に近い形で飼育されるサファリワールド、イルカやペンギン、ホッキョクグマ、アシカ、アザラシなどが見られるマリンワールド、ジェットコースターや観覧車が置かれたプレイゾーンと多彩な施設が揃っている。ナイトサファリや、ガイド付きツアー、乗馬体験など、ツアーやアトラクションも充実している。


 電話番号 :0570-06-4481
 住所 :和歌山県白浜町堅田2399
 開業時間 :10:00~17:00(GW・夏休み期間、季節により変動あり)
 休業日 :不定休
 料金 :4800円(大人1Day)
 アクセス :JR白浜駅から明光バス・アドベンチャーワールド行きで10分、終点下車すぐ
 駐車場 :あり(有料))
(『おとな旅プレミアム 南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮 ’21-’22年版』 P.118)


海を目前に望み、野趣あふれる露天風呂

■崎の湯(さきのゆ)

おとな旅 南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮

有間皇子をはじめ、飛鳥、奈良時代の天皇や貴族が、さらには徳川吉宗公などの将軍や紀州藩主も沐浴したとされる歴史ある温泉で、飛鳥時代当時の湯壺が残っている。白浜温泉にある6つの外湯のうちのひとつで、雄大な太平洋を眺めながら入る温泉は格別。打ち寄せる波のしぶきがかかるほど海に近くダイナミックな海の表情が楽しめる。ナトリウム塩化物泉である行幸源泉。ほのかに硫黄の香りがする。湯が海へと注ぐため、石鹸やシャンプーなどは使用できない。


 電話番号 :0739-42-3016
 住所 :和歌山県白浜町1668
 開業時間 :8:00~17:00(4~6・9月は~18:00) 7・8月7:00~19:00
 休業日 :無休(荒天時は休業)
 料金 :500円(3歳以上)
 アクセス :JR白浜駅から明光バス・三段壁行きで18分、湯崎下車、徒歩5分
 駐車場 :あり
 アメニティ :タオル(有料)
(『おとな旅プレミアム 南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮 ’21-’22年版』 P.125)


丘の上のテラス席から白浜の街と海を一望

■カフェラウンジ パシフィック INFINITO HOTEL&SPA 南紀白浜

おとな旅 南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮

温泉やプール、エステ、レストランなどを備えたリゾートホテル内のカフェラウンジ。天気が良ければ四国まで見えるという昼間の眺望も素晴らしいが、サンセットの時間帯は特にロマンティック。時間帯によって朝食、ランチからお茶、お酒と食事やスイーツ、ドリンクと多彩に楽しめる。時間帯を問わず食事や休憩が取れるので、厳密な予定が立てられないドライブや観光の合間に利用できるのが便利。


 電話番号 :0739-42-2733(INFINITO HOTEL&SPA 南紀白浜)
 住所 :和歌山県白浜町2018
 開業時間 :8:30~24:00
 休業日 :無休
 アクセス :JR白浜駅から明光バス・三段壁行きで18分、新湯崎下車、徒歩20分
 駐車場 :あり
(『おとな旅プレミアム南紀・熊野古道 白浜・高野山・伊勢神宮 ’21-’22年版』 P.122)


*施設や店舗の営業などは事前にご確認ください。


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加