vol.69

かつての激戦地もいまや花見の名所 美しい五芒星を描く五稜郭

役者のような色男と称された
鬼の新撰組副長、土方歳三や
幕府海軍副総裁、榎本武揚
彼らが戦った戊辰戦争終焉の地


薩長軍と幕軍の戦いは、最終決戦の地、函館へ

おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

慶應4年の戊辰の年、西暦で言えば1868年のこと。鳥羽・伏見の戦いを発端に戊辰戦争が起こる。勝海舟と西郷隆盛の話し合いによって江戸城無血開城が成り、100万もの人々が暮らす江戸の街を火の海にする事こそ免れはしたものの、幕軍対薩長軍のいくさは続き、上野の山で村田蔵六が指揮する薩長軍と戦った一部幕臣の彰義隊らとともに、土方歳三、斎藤一ら新撰組の生き残り部隊も会津、仙台と東北地方を転戦。軍艦を率いた幕府軍海軍副総裁の榎本武揚らと合流し、ついに幕軍最終決戦の地、函館、五稜郭へと戦いの場を移す。


計算された砲台の配置と形状が星形を形成

おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

五稜郭とは、緒方洪庵、伊東玄朴、佐久間象山らから洋学を学び、蘭学や西洋建築の知識を買われて旗本格として幕臣となった武田斐三郎が建築した日本でも2箇所しかない西洋式の城郭。函館開港後、安政4(1857)年から7年もの月日を掛け、江戸幕府が外国軍艦からの防御を目的に建造された美しい五芒星の要塞だ。この整った星形は稜堡に取り付き侵入しようとする敵に向けた銃眼を設置し、さらにその火器を敵から隠す合理的な形状でもある。幕軍はここに立て籠って敵を迎え撃ち善戦するが、明治2(1869)年5月、馬上、土方が敵の銃弾に倒れたことにより陣が崩れ、榎本武揚らも降伏。戊辰戦争は終結した。
現在では五稜郭公園として函館市民や旅行者に親しまれており、春には1600本もの桜が咲く花見の名所ともなっている。


桜、緑、紅葉、雪景色と季節により表情が変化

■五稜郭公園

おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

かつての激戦の舞台も、大正3(1914)年に公園となり、以降、一般開放されている。同年、函館毎日新聞社が1万号の発行を記念して植えた桜が、花、緑、紅葉と四季折々に表情を変え、今も市民の目を楽しませている。また、冬は真っ白な雪景色となるが、堀の周りにイルミネーションが施され、一層ロマンティックな趣。園内には石垣の上に張り出した武者返しや大砲、兵糧を保存した蔵などがあり、かつて要塞であったことを示している。ほかに、箱館奉行所、設計者の武田斐三郎氏の記念碑など見どころは多い。


おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

 電話番号 :0138-21-3431(土木部公園河川管理課)
 住所 :函館市五稜郭町44
 営業時間 :5:00~19:00(11~3月は~18:00)
 休業日 :無休
 料金 :無料
 アクセス :市電・五稜郭公園前から徒歩15分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 函館・津軽 弘前・青森・白神山地 ’19-’20年版』 P.57)


五稜郭の整った形を上空から見る

■五稜郭タワー

おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

地上90mの高さの位置に展望2階があり、星形の五稜郭や函館山、津軽海峡が一望できるほか、土方歳三のブロンズ座像や、五稜郭について学べる「五稜郭歴史回廊」、五稜郭復元模型などが、展望1階には「世界の稜堡式城郭」が展示されている。また、地上1階のアトリウムにはギフトショップ、地上2階にはレストランやジェラート店もあり、食事や休憩も可能。


おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

 電話番号 :0138-51-4785
 住所 :函館市五稜郭町43-9
 営業時間 :8:00~19:00 10月21日~4月20日9:00~18:00
 休業日 :無休
 料金 :900円
 アクセス :市電・五稜郭公園前から徒歩15分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 函館・津軽 弘前・青森・白神山地 ’19-’20年版』 P.58)


函館唯一の喫茶室付き直営店

■六花亭 五稜郭店

おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

五稜郭のすぐ目前にある喫茶室は窓が大きく、春の桜や冬の雪景色など、眺望が素晴らしい。喫茶室のおすすめメニューは定番のホットケーキ。酪農王国北海道だけあって、ケーキに添えられたバターもおいしく、メイプルシロップのやさしい甘さが公園散策の疲れを癒やしてくれる。ショップも併設されており、可憐な花が描かれた箱入りのマルセイバターサンドなど、北海道を代表する銘菓も販売。


おとな旅 函館・津軽 弘前・青森・白神山地

 電話番号 :0120-12-6666
 住所 :函館市五稜郭町27-6
 営業時間 :10:00~17:30(LO17:00)、ショップ9:30~18:30
 休業日 :無休
 アクセス :市電・五稜郭公園前から徒歩10分
 駐車場 :あり
(『おとな旅プレミアム 函館・津軽 弘前・青森・白神山地 ’19-’20年版』 P.59)


*施設や店舗の営業などは事前にご確認ください。


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加