vol.67

疫病退散、学問成就 願いを込めて学問の神様、太宰府に詣でる

至誠、厄除けの天恵を求めて
受験生はもとより、
いまだからすべての人が訪れたい
天神さまの総本宮


受験生のみならず周囲までもが落ち着かない季節の到来

おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

今年も師走。コロナコロナで明け暮れた2020年はいつもの年より数カ月ほどスキップしてしまったようで、花見もゴールデンウィークも夏休みもなく、気がつけばもはや年の瀬か、という心持ちがする。年を越せばすぐに受験シーズンとなるが、学校や塾の授業も例年通りとはいかず、落ち着いて勉学に集中できなかった学生たちも多いと聞く。さらに、いまだ疫病が流行中ともなれば、受験生本人以上にヤキモキするのが親ゴコロ、ジジババゴコロ。とはいえ、受験ばかりは本人以外の者に取り組める事は少なく、せいぜい神頼みくらい。となると、なるべく霊験あらたかな神社へお願いに上がりたいというのが、周囲にいる者たちの思いとなる。


勉学の神様といえば、本邦では第一に天満宮

おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

天満宮、天神社は平安時代の学者にして右大臣まで昇り詰めた菅原道真公をお祭りする神社で、京都の北野天満宮、東京の湯島天神など、1万2000社を数えるが、太宰府がその総本宮。道真公の御墓所の上に建てられた廟でもある。公は曽祖父である菅原古人、祖父の清公、父是善に続く学者、侍読の家系に生まれ育ち、5歳で和歌を読むなど神童と呼ばれたという。菅原家は私塾「山陰亭」を開いて講義を行なっていたが、ここから数多の文章生を輩出。学生が増えすぎたため部屋が足りずに廊下まで使用し、後に「菅家廊下(かんけろうか)」と呼ばれて、当時、学問を志す者の憧れの学舎となった。


疫病退散を祈り、自らの心根をただす天神詣

おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

菅公自身、才溢れ、詩歌や学問の能力はもとより、国司として讃岐に赴任した際には清廉な施政を心がけ、村人たちとも深く交流して国を立て直したという。当時の宇多天皇にも篤く信頼され、学者という貴族の中ではやや格の劣る家の出ながら右大臣にまで昇り詰めた。が、この異例の出世を疎んだ政敵に無実の罪を着せられ太宰府へと左遷された。太宰府でも天皇への至誠を貫くが、高潔であることを心掛け、家族を愛した人物であっただけに悔しさと寂しさに蝕まれ、失意のなかで没する。公の死後、政敵たちを次々と疫病や雷による死が襲い、とうとう親王までもが亡くなったため、朝廷は公の罪は無実であったと認め、天神さまとして祀られることとなり、ようやく疫病をはじめとする祟りが治ったという。
受験シーズンでもあり、疫病が流行り、人心も荒れがちな今こそ、心を込めてお参りしたいお宮と言える。


菅原道真公の御霊を祀る天神さまの総本宮

■太宰府天満宮

おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

学問の神様として知られているが、至誠、厄除け、芸術、書道の神様としても信仰を集める。広い境内には道真公の廟があり、豪奢な御本殿や楼門、お参りすると天に道が開けて運気が上昇するといわれる天開稲荷社などがある。さらに、道真公を慕って京都から飛来したという御神木、「飛梅」を拝見したり、具合の悪い身体の箇所をなでると病が治るといわれる御神牛に触れたり、絵馬を奉納するなど、立ち寄りたい箇所がたくさん。参拝の後には、80もの店が軒を連ねる参道をぶらぶら歩くのも楽しい。餡を包んだ焼き餅、梅ケ枝餅や受験生のおみやげにしたい学業成就鉛筆といった定番アイテムのほか、おしゃれなカフェや雑貨店も多く、年代、性別を問わず楽しめる。


おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

 電話番号 :092-922-8225
 住所 :福岡県太宰府市宰府4-7-1
 営業時間 :境内自由、楼門内6:30~18:30(季節により異なる)、宝物殿・菅公歴史館9:00~16:30(入館は~16:00)
 休業日 :宝物殿は月曜(祝日の場合は開館)、菅公歴史館は火・水曜
 料金 :宝物殿400円、菅公歴史館200円
*宝物殿・菅公歴史館・九州国立博物館平常展共通券500円
 アクセス :西鉄・太宰府駅から徒歩5分
 駐車場 :あり(2000台、有料)
(『おとな旅プレミアム 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津 ’19-’20年版』 P.112)


菅公のシンボル、梅を使った商品が充実

■寿庵 寺田

おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

創業85年の老舗で、梅干しや梅の実ゼリー、のし梅、梅茶など梅を使ったみやげ物が揃う。特に梅干しは種類も豊富で、大粒で減塩の「一粒うめ」や、伝統の漬け方で作ったしそ漬けの「飛梅漬」、縁起の良い「合格梅」などがある。また、店内奥の喫茶スペースや縁台では、太宰府名物の梅枝餅のほか、甘酒やぜんざい、抹茶に煎茶や梅茶、コーヒーなどが味わえる。


おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

 電話番号 :092-922-4064
 住所 :福岡県太宰府市宰府4-6-15
 営業時間 :9:00~17:30
 休業日 :4~12月の第1・3水曜
 アクセス :西鉄・太宰府駅から徒歩4分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津 ’19-’20年版』 P.114)


11~3月は、あまおう使用のお菓子がおすすめ

■太宰府参道「天山」

おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

お店が赤ちゃんの離乳食にしても安心だと胸を張る佐賀県脊振山系で作った厳選餅米100%の自家製皮に、やはり自家製、北海道十勝産の小豆を甘さ控えめに炊き上げた粒餡をたっぷり詰めた鬼瓦最中が人気のお店。餡は粒餡のほか、白インゲンを使った白餡、緑色が美しい八女茶餡と3種類用意されている。また、11~3月までの間は大粒で真っ赤なイチゴの高級品種、あまおうを使った和菓子を販売する。和菓子の甘さとジューシーなイチゴの相性が抜群。見た目にもかわいらしい人気商品となっている。


おとな旅 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津

 電話番号 :092-918-2230
 住所 :太宰府市宰府2-7-12
 営業時間 :9:00~売り切れ次第終了
 休業日 :不定休
 アクセス :西鉄・太宰府駅から徒歩3分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 福岡 太宰府・門司・柳川・唐津 ’19-’20年版』 P.114)


*施設や店舗の営業などは事前にご確認ください。


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加