vol.63

戦国一と誉高い伊達政宗の美的感覚を松島で堪能

遥か南蛮からの文物も届き、
華やかさで知られる安土桃山文化
なかでもとびきりの洒落者
仙台藩初代藩主、政宗公の美意識に触れる


戦国の世を、美的センスで生き抜いた独眼の武将

おとな旅 仙台・松島・平泉

伊達者、という言葉がある。センスの良い服や道具を着こなし、使いこなす洒落者のことだ。なぜ、粋な男をダテと呼ぶようになったかについては諸説あるが、仙台藩主、伊達政宗に由来するという説が根強い。日本史上もっともゴージャスであったとされる時代の一つ、桃山文化の只中に生き、また、日本史上初となる遣欧使節団を送るほど南蛮文化に興味を抱いていた政宗公。南蛮趣味とも称され、贈られた黒羅紗や赤いマントを加工し、独自の陣羽織などを誂えたとも伝わっている。
さらに信長、秀吉、家康よりかなり年若く、しかも領地が奥州という京都から離れた地だったために天下取りレースへの不利が生じていたこと、幼い頃、天然痘によって右目を失ったこと、これらのコンプレックスをカバーしようと生まれ持ったセンスに加えて努力を重ね、苛烈な戦国時代を生き抜くために美意識に磨きをかけていったとの見方もある。


いまに残る寺社文物に伊達政宗公のセンスを見る

おとな旅 仙台・松島・平泉

事実、政宗公の美的感覚は、現代の私たちが見ても凄みがある。
例えば、イスパニア(スペイン)国王、ローマ法王に向けて差し向けた遣欧使節団のリーダー、支倉常長の肖像画が残っているが、そこに描かれた支倉の衣装の華やかかつエレガントで見事なこと。
政宗公自身の戦闘服たる具足も個性的でお洒落だった。文禄元年(1592)年、文禄の役と呼ばれる朝鮮出兵を前にして京都に大集結した大名たちが列をなして出陣していった際、京の人々の目を特に引いたのが三番隊の仙台藩、伊達家だった。政宗公だけでなく、揃いの黒い具足に朱、銀の刀剣をさした兵士たちのあいだを紺地に黄色の幟旗がはためくさまは、それは美しく、ファッションにうるさい都人たちを唸らせたという。
松島には今も伊達家ゆかりの寺社や博物館がしっかりと管理の行き届いた状態で存在しており、伊達家特有の華やかで美しい建造物や武具、大名道具が拝見できる。


2018年に大規模修復が終了。政宗公の菩提寺

■瑞巌寺

おとな旅 仙台・松島・平泉

正式名称は松島青龍山瑞巌円福禅寺。天長5(828)年、比叡山延暦寺の第3代座主、慈覚大師によって開創された。関ヶ原の合戦後の慶長9(1604)年、伊達政宗公自らが再興し、自身の菩提寺とした。公自ら縄張りを行ない、畿内から130名にも及ぶ名工を招いて5年の歳月をかけたという力の入れようで、安土桃山の絢爛たる装飾が素晴らしい。2018年終了の大修復工事を経た今、政宗公が再興した当時のきらびやかさが蘇り、一層の華やかさが堪能できる。伊達家から寄進された美術工芸品の数々をはじめとする文化財が展示される宝物館も忘れずに見学したい。


 電話番号 :022-354-2023
 住所 :宮城県松島町松島町内91
 営業時間 :8:00~17:00(入場は~16:30、季節により変動)
 休業日 :無休
 入館料 :700円
 アクセス :JR松島海岸駅から徒歩10分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 仙台・松島・平泉 ’19-’20年度』 P.104)


豊臣秀吉から拝領の茶室を松島に移築

■観瀾亭・松島博物館

おとな旅 仙台・松島・平泉

伊達政宗が豊臣秀吉から拝領した伏見桃山城の茶室。政宗公は江戸の藩邸に移したが、仙台藩二代目藩主、忠宗が海路を用いて松島に移築し直した。極彩色の襖絵や床の間の張付絵は、派手好みの秀吉公らしい絢爛豪華さで、国の重要文化財となっている。亭内では松島湾を眺めながら抹茶(300円~)を楽しむことも可能。博物館が隣接しており、伊達家に伝わる道具類が拝見できる。


 電話番号 :022-353-3355
 住所 :宮城県松島町松島町内56
 営業時間 :8:30~17:00(11~3月は~16:30)
 休業日 :無休
 料金 :200円
 アクセス :JR松島海岸駅から徒歩5分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 仙台・松島・平泉 ’19-’20年度』 P.105)


日本を代表する絶景を眼前に豊かな地の魚介に舌鼓

■味処 さんとり茶屋

おとな旅 仙台・松島・平泉

史跡巡りの合間には、日本三景のひとつ、松島湾を眺めながら鮮度抜群の海の幸を堪能したい。味処さんとり茶屋では、松島産の穴子を使った丼や、地元の名物、カキ料理、三陸産のウニ、イクラなどが楽しめる。特にこれからはうま味たっぷりのカキがおいしい季節を迎える楽しみな季節だ。明るい時間帯に訪れるなら、おすすめの席は2階。窓から、深い青を湛えた海に緑の島々が点々と浮かぶ絶景が楽しめる。


おとな旅 仙台・松島・平泉

 電話番号 :022-353-2622
 住所 :宮城県松島町松島仙随24-4-1
 営業時間 :11:30~15:00 17:00~21:00(LO~20:00)
 休業日 :水曜(祝日の場合は翌日休)
 アクセス :JR松島海岸駅から徒歩10分
 駐車場 :あり
(『おとな旅プレミアム 仙台・松島・平泉 ’19-’20年度』 P.110)


*施設や店舗の営業などは事前にご確認ください。


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加