Vol. 52

新緑の芽吹きとともに始まる避暑地、軽井沢のハイ・シーズン

カフェのテラスに、野鳥の森に、
そして豪華な高原のリゾートに。
若葉が萌えだす夏のはじめが
軽井沢のもっとも美しい季節


【おとな旅プレミアムスタッフより】
*新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現在外出自粛となっておりますが、本記事で少しでもみなさまに旅行気分を味わっていただけると嬉しいです。
*施設や店舗の営業などは事前にご確認ください。

初夏の高原で味わう自然の息吹と燻銀の贅沢

おとな旅 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺

木々が赤や黄色に染まる紅葉の秋、浅間山が雪を戴く冬、可憐な高山植物が花咲く春と、軽井沢はどの季節もそれぞれに美しいが、人気のシーズンはやはり夏。特に初夏は、まだ人出もそれほどでなく、新しい若葉は輝くようで、通年、たびたび軽井沢を訪れる別荘所有者などには「7、8月よりも好き」と話す人も多い。
せっかくこの季節にこの土地を訪れるのなら、やはり高原の爽やかな自然と、歴史ある高級リゾート地、軽井沢らしさがともに味わえるエリア、施設は外せない。軽井沢が避暑地としての発展を遂げるにいたった発祥の地である旧軽井沢エリアに建つ教会や礼拝堂と老舗ホテルとを繋ぐ緑豊かな散策路を歩いたり、いまや日本を代表するリゾート・ホテル・ブランドとなった「星のや」が中心となって開発する中軽井沢でくつろいだり。上質な人工物と自然のコラボレーションこそが軽井沢最大の魅力なのだから。


避暑地としての基礎を築いたA.C.ショーが創設

■軽井沢ショー記念礼拝堂

おとな旅 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺

国内各地にある宿場町のひとつであった軽井沢に最初に別荘を建てたカナダ人宣教師、アレキサンダー・クロフト・ショーが開き、布教を行った礼拝堂。もともと別荘を礼拝堂として使う形で建てられたものだが、いわば軽井沢最古の教会であり、その後1895(明治28)年~1922(大正11)年の間に増改築を繰り返して現在の姿となった。A.C.ショーは、初めてこの地を訪れた1886(明治19)年以来、すっかりこの土地が気に入り、日本で暮らす西欧人たちに軽井沢の自然と気候の良さを語ったという。彼に続き、彼の友人たちが次々に別荘を建てて夏を過ごすようになったのが、避暑地としての軽井沢の始まりとなった。


 電話番号 :0267-42-4740
 住所 :軽井沢町軽井沢57-1
 開園時間 :9:00~17:00(冬季は~16:00)
 休業 :不定休
 料金 :無料
 アクセス :JR軽井沢駅からバス・旧軽井沢下車、徒歩10分
 駐車場 :なし
(『おとな旅プレミアム 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺 ’19-’20年度』P.32)

格式ある老舗ホテルのテラスで過ごすお茶の時間

■万平ホテル カフェテラス

おとな旅 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺

「万平ホテル」の創業はなんと1764(明和元)年。明治期に「亀屋」から名を改め、西洋式のホテルとなり、一宿泊施設ではなく、軽井沢のみならず日本の歴史の証人と言うべき存在であり続けた老舗ホテルだ。戦時中はこのホテルにソビエト、トルコ両国の大使館が置かれ、戦後はGHQの将校専用宿泊施設となり、田中角栄首相とキッシンジャー大統領補佐官との会談が行われたこともあった。箱根の富士屋ホテル、日光の金谷ホテルと並ぶクラシック・ホテルとしてのインテリア、風格、佇まいはいまも健在。メインダイニングをはじめ、館内のレストラン、バーも質が高いが、気軽に初夏の万平ホテルらしさを味わうなら定宿にしていたジョン・レノンもお気に入りだったという「カフェテラス」が素敵。爽やかな風の吹くテラスで、信州産紅玉を使ったアップルパイやジョン・レノン直伝のロイヤルミルクティーがおいしい。


 電話番号 :0267-42-1234(万平ホテル)
 住所 :軽井沢町軽井沢925
 開園時間 :9:30(夏季は9:00)~18:00
 休業 :1月中旬~2月中旬
 アクセス :JR軽井沢駅から車で5分
 駐車場 :あり(90台)
(『おとな旅プレミアム 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺 ’19-’20年度』P.86)


「軽井沢の日常」がコンセプト

■ハルニレテラス

おとな旅 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺

美しい木々の間に設えられたウッドデッキ上に15のショップやレストランが集まる。種類豊富な地酒を揃える旧軽井沢の老舗そば店「せきれい橋 川上庵」や、地元の野菜をふんだんに使ったイタリアン・レストラン「イル・ソーニョ」など、いずれもカジュアルでありながら上質な、まさに軽井沢らしいセレクション。近くには湧出量も豊かな天然温泉を自然光の差し込む檜の内湯や露天風呂で満喫する「星野温泉トンボの湯」や、自然、特に野生動物を観察するネイチャーツアーを催行する「ピッキオ」などもあり、軽井沢の魅力がギュッと凝縮されたエリアだ。


おとな旅 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺

 電話番号 :0267-45-5853
 住所 :軽井沢町星野
 開園時間 :8:00~23:00(店舗・季節により異なる)
 休業日 :無休
 アクセス :JR軽井沢駅から車で15分
 駐車場 :あり(エリア内200台)
(『おとな旅プレミアム 軽井沢・小諸・上田・松代・松本・善光寺 ’19-’20年度』P.47)


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加