Vol. 44

夜道に連なる露店の灯りに誘われて台北夜市で美食のハシゴ

料理と看板を明々と照らす
ライトの列に心が躍る
台北の夜はお祭り気分で
B級グルメの渦に身を任す

夜市は台湾グルメの基本にして究極の最新形態

ハルカナ 台北 夜市

マンゴーかき氷、タピオカ、チーズティーや魯肉飯。日本にも台湾発の食事やスイーツが次々と上陸し話題をさらっているが、本場、台湾フードの真髄は夜市にある。
焼き小籠包に牡蠣オムレツ、肉とネギをたっぷり詰めて窯で焼く胡椒餅、発酵液に漬けた豆腐を揚げた臭豆腐と、台湾名物料理を商う屋台が林立し、夜毎、おおいに賑わっている。もちろん、タピオカ・ミルクティーやかき氷だって夜市の人気メニュー。私たち旅行者の目にはまるでお祭りのように映るが、地元の人々にとっては台所代わり。毎晩の夕食を夜市でとるという人も珍しくない。
小さめポーションのメニューも多く、仲間内でシェアすることもできるので、何軒もの屋台を渡りながらの食べ歩きが楽しく、例えば点心や焼いたエリンギを前菜に、メインとしては顔より大きな鶏の唐揚げや鉄板で供されるステーキを食し、麺線や魯肉飯で食事のシメ、最後のデザートには豆花やフルーツを、といった具合に露店のハシゴでフルコース、などという贅沢B級美食ツアーも可能。
また、細長く成形した糯米をパン代わりにして台湾ソーセージを挟んだ台湾式ホットドッグの「大腸包小腸」、棺桶を意味する「官財板」と名付けられたシチュー入り食パンといった夜市ならではのメニューも多く、しかも新たなメニューが続々と誕生、流行する。さらに近年ではベトナム式サンドイッチ、インドのロティといった本格派の外国料理店も増え、屋台の海に一歩足を踏み入れれば、どれから食べようかと目移りするほどのランイナップが目前に広がる。ここは、お祭り気分のまま、少々の食べ過ぎなど気にせずに食欲と好奇心に任せて思うがまま食べ歩くのが正解だ。
(『ハルカナ 台北』P.20 )


台北最大!観光スポットとしても有名な夜市

■士林夜市(シーリンイエシー)

士林夜市

以前は平場にずらりと屋台が並ぶ様子が印象的だったが、2011年末に少し移動し、コインロッカーなどの便利な施設も備えた屋内型の士林市場としてリニューアル。1階には弓やエアガンで風船を打つ射的、ピンボール、エビ釣りなどのゲーム屋台エリアや雑貨屋、おもちゃ屋などのショップ街が、地下1階には美食区と呼ばれるテーブル完備のフードエリアがある。また、士林市場の場外にも露店やB級グルメの名店が立ち並んでいる。


▲雪山氷坊
芒果草莓奇異果牛奶氷 150元
マンゴー、イチゴ、キウイがたっぷりのったボリューミーなかき氷


アクセス:M淡水線・劍潭駅からすぐ
営業時間:17:00ごろ~24:00ごろ
休業日:無休
(『ハルカナ 台北』P.22 )


老舗屋台も多い、美食専門夜市

■寧夏夜市(ニンシアイエシー)

寧夏夜市

地下鉄の淡水信義線や松山新店線の中山駅からも歩いて10分強と都心にあり、アクセスの便利な立地ながら、味、雰囲気、規模ともに充実。雑貨や服を売る露店こそないが、寧夏路を埋め尽くすように、全長約300mの距離を食べ物の屋台が並び、たくさんの人が食事を楽しんでいる。また、鬍鬚張魯肉飯をはじめ、寧夏路沿いの食堂も老舗、有名店が多く、深夜まで営業しているので夜市と合わせて訪れるのもおすすめ。


寧夏夜市

▲人気の炭火焼き微笑碳烤は、1本15元〜
皮は天然酵母を使用


アクセス:M淡水信義線・雙連駅から徒歩10分
営業時間:18:00ごろ~24:00ごろ
休業日:無休
(『ハルカナ 台北』P.25 )


画像素材: PIXTA 他


【LINE公式アカウントでも配信中!】
特集記事はLINE公式アカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加