Vol. 39

街よりひと足先に色づく高地で日光の大自然が描く秋の迫力アート

山々を覆う広葉樹林による
赤や黄色の紅葉は圧巻
湿原の草紅葉を前に
屹立する貴婦人の優雅な美しさ

秋の日光を彩る多彩な紅葉

日光には、中禅寺湖、いろは坂、竜頭ノ滝、霜降ノ滝など、数多くの紅葉スポットがある。
湖畔や名瀑、九十九折の道沿いを彩る秋の景色は圧倒的なスケール感と華やかな美しさを誇り、賑やかな夏から静寂の冬景色へと移り変わる刹那、大自然が放つ今年最後の閃光といった眩さで人々の目を楽しませる。例年、この絶景を求めて大勢の旅行者が訪れるが、もうひとつ、国内でもごく限られた場所でしか見られない特別な紅葉がある。高地や湿地のみに広がる草紅葉の風景だ。
日光では、戦場ヶ原、小田代ヶ原に群生するホザキシモツケ、トダシバ、イブキトラノオといった湿生植物が種ごとに異なる色を着け、上質な織物を思わせる優美な風景を作り出す。ことに、『貴婦人』と称される白樺の大樹を前に、澄んだ明るい黄色から、柔らかな亜麻色、深い真紅と、草紅葉のグラデーションが広がる様は日光ならではの秋の眺望。白樺の奥に広がる針葉樹の緑や、日光駅周辺と比しても冷たく澄んだ空気とも相まって独特の情景を成す。広葉樹の紅葉とは対照的な趣だが、どちらも明媚。まるで異なる2つの紅葉が楽しめるのも日光の魅力だ。


渓谷の岩肌を彩る赤く色づいた木々

■鬼怒川ライン下り
両岸に迫る崖のあいだを流れる鬼怒川を和船で下る。赤や黄色に染まった樹木が切り立った岩肌に張り付くように茂った渓谷の風景は圧巻。船の前後に立つ、竹笠、法被姿の船頭さんの櫂さばきも鮮やかで、急流に差し掛かると水しぶきが立つ迫力満点のアクティビティだ。奇岩や野鳥、野生動物についてなど、船頭によるガイドも楽しく、木々と清流が放つマイナスイオン効果に癒される。


電話:0288-77-0531
所在地:日光市鬼怒川温泉大原1414
営業時間:9:00~15:45(乗船時刻、1日12便程度運航)
休業日:12月上旬~4月初旬*天候により欠航あり
料金:大人2800円
アクセス:東武・鬼怒川温泉駅から徒歩5分
駐車場:あり(150台)


参考:『おとな旅プレミアム 日光那須・塩原 ’19-‘20年版』P88


山あいの鄙びた温泉地で紅葉を愛でる

■川治温泉

鬼怒川と男鹿川の合流地点周辺に位置する温泉郷。静かな山間地ながら、大正時代に創業した老舗温泉旅館『湯けむりの里 柏屋』や、『星野リゾート 界 川治』をはじめ、10軒ほどの宿が集まり、質の高い温泉リゾートが楽しめる。また、この時期、紅葉鮮やかな龍王峡へのトレッキング道があり、共同浴場『川治温泉薬師の湯』は男鹿川とその岸辺に広がる紅葉を望む絶景と素朴な風情がいい。


電車・バスでのアクセス:
東武日光駅からは東武日光線を経て、新藤原駅で野岩鉄道・会津鬼怒川線に乗り換え、川治湯元駅まで約20分。川治湯元駅からは、目的地まで徒歩、または日光交通バス・川治温泉駅方面行きを利用。
車でのアクセス:
日光ICから川治湯元駅まで国道121号、龍王峡ラインで約29km・45分。


参考:『おとな旅プレミアム 日光 那須・塩原 ’19-‘20年版』P89


画像素材:PIXTA


【公式LINEアカウントでも配信中!】
特集記事は公式LINEアカウントでも配信中です。ぜひ「友だち追加」してください

友だち追加