萩・津和野 下関・門司

幕末の青春を辿る旅。動乱の時を刻んだ城下町と海峡

上質な旅を提案する、全く新しい大人向け国内旅行ガイド『おとな旅 プレミアム』

おとな旅プレミアム萩・津和野 下関・門司

- 中国・四国 -

萩・津和野 下関・門司の「歩く・観る」「買う」「泊まる」を完全ガイド。

旅のテーマは「幕末の青春を辿る旅。動乱の時を刻んだ城下町と海峡」。

巻頭では「防長の地で四季を愛でる」と題して、山口県の四季折々の花や風物に出会えるスポットをピックアップ。
春は萩八景遊覧船から眺める城下町の桜、夏は白壁の街並に灯りがともる柳井の金魚ちょうちん祭り、秋は燃えるように色づいた紅葉谷公園、冬は瑠璃光寺五重塔の雪化粧などの美しさを伝えます。

萩では維新の志士たちの故郷を歩き、歴史を紐解くルートを提案。明倫学舎からスタートし、旧町人地から旧上級武家地、萩城跡、平安古へと進み、松陰神社など吉田松陰ゆかりの地へ。
豊かな山河に囲まれた掘割と白壁の街・津和野では、歴史と文化が薫る「山陰の小京都」さんぽをコーディネート。萩と津和野の両地を走る列車旅の提案も。下関では湾岸レジャーと関門海峡を臨む観光スポット。
門司は港町ロマンに出会う洋館巡りなど。萩往還、長門・仙崎、萩温泉郷、湯元温泉、山口の中心地、角島、一の俣温泉、秋吉台、岩国、防府、柳井、湯田温泉にも足を延ばします。

旅の楽しみ「食べる」は、萩の地魚、見蘭牛とむつみ豚、趣深い旧家カフェ。下関では本場で食す絶品ふぐ料理の名店と海峡ビューのレストランなど。萩焼体験、城下町の逸品みやげも。
歴史特集では、毛利氏が萩を長州藩の本拠地に定めてからの江戸前期、吉田松陰の生涯と松下村塾四天王、幕末の動乱を語る他、森鴎外が描いた津和野の景色、海峡で起きた歴史劇(壇ノ浦の戦い、巌流島の決闘、下関戦争)、西国の覇者・大内氏の栄枯盛衰、フランシスコ・ザビエルのキリスト教布教など。

詳細な地図は別冊仕様。切り離してご利用ください。
トラベルカレンダーで1年を通した気温、降水量、気候、お祭り・イベント開催などが一望。
下関の絶品ふぐの名店、門司の洋館巡りも加わり、歴史と美味三昧の旅の案内です。

編集者のイチ押しポイント editer’s reccomend

島根・鳥取には、柳宗悦や河井寛次郎、濱田庄司、バーナード・リーチらによる民藝運動の影響を受けた窯元がいくつかあります。
先生である吉田松陰をはじめ高杉晋作や桂小五郎、伊藤博文など長州藩士ゆかりのスポットは必見で、彼らの生まれ育った萩の城下町や、共に学んだ松下村塾は感慨深いものがあります。現地では彼らにまつわるさまざまなエピソードも知ることができると思いますので、ぜひ彼らひとりひとりの生き様や人間模様にも思いを馳せてください。

そして萩を出た彼らの活躍の舞台として、下関や山口にもさまざまなゆかりの見どころがありますので、こちらも要注目です。なお、下関の名物グルメであるふぐを解禁したのは、明治維新を成して総理大臣となった伊藤博文でした。彼を感激させた本場のふぐを味わってみるのもおすすめです。

篠原 敬仁

おとな旅プレミアム
「萩・津和野 下関・門司」

編集者篠原 敬仁